楊興新の二胡(胡弓)音楽

 

楊自身の感情をダイレクトに音楽として

 

表現していくところに、現代音楽家として 
独自のオリジナリティーを持つ。

テーマの本質を見極め、

生来の民族的、中国伝統的手法に加えて

絵画の印象派的技巧を 凝らせて生み出される作品は、

極めてシンプルにアレンジされ、

 

一音の無駄な音も使わぬことを身上とする

 

どんな時代、どんな場所であれ、

聴衆に受け入れられ、

喜ばれるポピュラーミュージックを 

音楽活動の中でも、
とりわけコンサートでは、ヒューマニティー溢れる会話と

ともに ピアノと胡弓で弾き語る"静"のスタイルとは

対称的に、バックに和太鼓やシンセサイザーの他、

ベースやギター、琴や琵琶等の楽器のサポートを得て、

縦横にステージを駆けめぐり、

弾きまくる楊の胡弓は 
"動"の迫力に満ちた壮大かつ重量感溢れる 

ダイナミックなサウンドスケールで 
観客を圧倒するステージ芸術の域にまで昇華させた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

擦弦楽器としての胡弓の弦の響きを研究     

 

日本特有の熟成された文化でもある

書道や日本画に見られる筆使いや

尺八の息使いを取り入れた楊独特の"かすれ"の表現は、

東洋的、日本的情緒に溢れ他の奏者の追随を許さぬばかりか、
西洋のバイオリン等とも共通する

従来の演奏理論を根本から覆す、

楊 興新の真骨頂とも言えるものである。 

 

歌謡曲、世界歌謡曲、世界の民謡、 ジャズ、ブルースなど

 

そしてケルト音楽今も各地に受け継がれる民族音楽は、
過去の出会いの中で楊の胡弓に新たな境地をもたらした。

胡弓が世界の人々の共有できる弦楽器として 
国境も人種も民族も越えて広まっていくことを目指し、

楊 興新と胡弓はこれからも、その道を切り開いて行きます。
胡弓の神髄に迫り、ジャンルを越えた音楽の追究の中で生まれた 
11枚目のオリジナルアルバム「愛の讃歌」は、

現代ポピュラー音楽の中の「ニュー胡弓音楽」と位置づけられる。
人との出会いを大切に、常に胡弓と向き合い、

新たな音楽の発見を繰り返しながら

今年もまた全国各地でのコンサートを繰り広げる。